サッカーのユニフォーム日本代表

また、左肩のグラフィックは、日本が初めて優勝した1992年の国際大会で着用したサッカー日本代表ユニフォームのデザインを再現。左肩にあしらわれた三つのバーのグラフィックは、日本代表が初めて優勝を飾った国際大会「第2回ダイナスティカップ」(1992年)で日本代表が着用したユニフォームのデザインを現代に再現。

男子日本代表が3月23日(金)の国際親善試合、女子日本代用がAFC女子アジアカップ ヨルダン 2018より着用する予定だ。今回、初めて全てのカテゴリーで統一のデザインを採用。 ナンバーキットとアディダスロゴは赤色、ショーツとソックスはホワイトをベースとした配色を採用。歴代のユニフォームを思い返せば、あの日、あの時、あの場所で、男女の日本代表を演じた名勝負が鮮やかによみがえる。

ホームユニフォーム同様、首元の内側に搭載されたサインオフロゴには過去5大会分のユニフォームのアイコニックなデザインが組み合わされており、過去20年間で積み重ねてきた歴史や経験を背負い、真の勝利をもぎ取りに行くという強い意志を表現しています。首元の内側に搭載されたサインオフロゴは、過去の5大会分のユニフォームのアイコニックなデザインが組み合わされている。 それは個人個人分かっていると思います。 ですから、試合の緊張感を持って練習するのが私は一番かな、と思います。

そこに赤文字で背番号が入れられているが、遠目には番号を識別しづらい。白をベースにアクセントとして赤が入るとまるで日本国旗のようで、「これぞ日本!斬新で思い切ったデザインに賛否両論ありますが、今回は日本代表歴代のユニフォームをご紹介していきます!新ユニフォームは来年の東京オリンピックの男女代表など、すべての代表チームが着用する。

マンチェスター シティ ユニフォームについての他のすべては、当社のウェブサイト上で見つけることができます。