カテゴリー: Uncategorized

また韓国最大の港町で、海産物が名物だそう。 そして年間試合数は144試合で、日本のプロ野球とほぼ同じであること。今回の練習試合ではキーパーも務め、後方から味方にどんどん指示出しをするなど、ベテランの存在感を見せていました […]
また、左肩のグラフィックは、日本が初めて優勝した1992年の国際大会で着用したサッカー日本代表ユニフォームのデザインを再現。左肩にあしらわれた三つのバーのグラフィックは、日本代表が初めて優勝を飾った国際大会「第2回ダイナ […]
99年は初めてコパアメリカに参戦したが2敗1分と惨敗した。就任初戦のエジプト戦、99年3月のブラジル戦では、asicsの炎モデルが着用された。 99年4月よりadidas社との独占複数年契約が始まり、その最初のモデル。世 […]
9月2日から始まったカタール・ワールドカップアジア最終予選などを取材するためだが、韓国対イラク戦のテレビ中継席に懐かしい顔があった。  「OQTでいろんな経験をさせてもらっているので、そこはこのチームに還元しないと絶対に […]
「2014年W杯開催国ブラジルのカラーであるイエローを用いることで日本だけでなくブラジルのサッカーファンにも応援して欲しい」という想いが込められているらしいですが、あまりに蛍光の印象が強く、どちらかといえば2011年に蛍 […]
日本の警察官・自衛官・消防官は、入隊前の身体検査でタトゥー・刺青がある場合は不合格となるのが実情だ。 「職業は、彫師です。今回DOTTでは実際のタトゥー裁判を傍聴に伺ったため、そこで感じたことや、控訴審の争点、彫師の方々 […]
そして2014年ブラジルワールドカップ、圧倒的な成績で予選を突破したものの、残念ながらグループリーグ敗退に終わった日本代表が、どうやって次ワールドカップに臨むのか、期待して見守りましょう! そういったサッカーアイテムを購 […]
もちろんホームユニフォームと同じように、着心地やフィット感、そして軽さなど機能も非常に優れているので、このユニフォームなら自分の力を最大限に発揮できると思います。 アジアを中心によく見かける商品です。僕は好きで、日本で販 […]
瀬川晶司五段!本田圭佑・香川真司の代表デビュー時に着用されたモデルとしても有名です。  また、経済効果を期待し、2年に1度のペースでユニフォームデザインを一新させてきた日本サッカー協会の方針に対しても「コロコロと変えずに […]
それは、日差しが強い日にはユニフォームの黄色が芝生に溶け込んで非常に見えづらいことです。韓国選手が10人以上いたのに対し、日本選手は8人しかいなかったからだ。 その日がくるまで互いに切磋琢磨し、そして4年後にも今回のよう […]