目標を達成するためには、何をしたらいいかということを日々考えています。成田空港で買ってきた白い恋人を差入れしときました。  新ユニフォームはチームのシンボルカラーでもある黒と赤で構成。我がコンサドーレのホープ、荒野拓馬と […]
あれから20年を超える歳月が過ぎようとしているが、今でも“チェンマイの夜”のことは忘れられない。 そしてアジア大会への出場が決まると、今年6月には選手達を韓国に呼んで代表合宿を実施。今回からアンダーアーマーのロゴの上にJ […]
この方は東京高等師範学校の学生時代、学生の身分ながらアメリカの「アソシエーション・フットボール」を翻訳して、日本で初めてサッカー部(ア式蹴球部)を設立した人なんです。 この大会でサッカー日本代表の攻撃をけん引した中村俊輔 […]
そこをどんどん突いていってシュートを狙っていきます」と辻選手は話しており、世界を相手にした経験を発揮する大会になります。 このユニフォームは全世代共通で、10日に行われる女子日本代表の国際親善試合、南アフリカ戦で初披露さ […]
さて、八咫烏の歴史をお送りしましたが、その八咫烏とサッカーがなぜつながったのか、理由を見ていきましょう。他国のadidasの新ユニフォームも見ていきましょう。韓国が開催国枠で出場なので、比較的アジア予選が楽で突破できるの […]
一人ひとりの性格も理解しないといけないですし。特別な体格も圧倒的なテクニックを持たない彼が現在の日本でナンバーワンのストライカーである理由は、チャンスを作り続ける努力と、来たチャンスを逃さない覚悟と勇気を持ち続けているか […]
言わば“黄金世代”だ。言われるがままにイ・ドングッの部屋に行って見ると、そこには日本の播戸竜二と小笠原満男がいるではないか。小野、本山、金子聖司、稲本、高原、酒井といった面々たちが、盛り上げ役に徹するチョン・ヨンフンと中 […]
サッカー日本代表 新ユニフォームの発表まで、あと6日。 これは、斬新だ。 デザインはコンセプトと乖離している部分も多く、袖の炎モチーフは、歓喜の岡野(炎Ⅰ)モデルではなく、フランス本大会(炎Ⅱ)モデルと同じ大きさ。 20 […]
今回の東京オリンピックは総当たりではありませんでしたので、客観的に数字を見て、いろいろな部分を総合的に判断し、本当に日本女子は10位なのか、8位か、6位か、12位かなどスタッフと議論をしています。 フル代表ではアウェイモ […]
 また、アーセナルの公式ショップを通じて購入されたユニフォーム1着につき、5ポンド(約790円)が、地域社会の取り組みを支援するため、アーセナル財団に寄付される。 また、アーセナルの公式ショップを通じて購入されたユニフォ […]