日本 代表 サッカー ユニフォーム 白

Ocean Sunset言わば“黄金世代”だ。言われるがままにイ・ドングッの部屋に行って見ると、そこには日本の播戸竜二と小笠原満男がいるではないか。小野、本山、金子聖司、稲本、高原、酒井といった面々たちが、盛り上げ役に徹するチョン・ヨンフンと中田浩二に連れられて、交流会に加わったのである。

当時、日本は清雲栄純監督がチームを率い、小野伸二、稲本潤一、高原直泰、中田浩二、本山雅志、小笠原満男、播戸竜二など錚々たる顔ぶれが揃っていた。 ともに勝利したのは韓国で、日本は準優勝に終わったが、両雄にはピッチでの激しい対決とは別に、もうひとつの知られざるエピソードがあったことをご存じだろうか。日本と韓国はグループリーグでまず対決し、決勝戦でも雌雄を決する。

19歳で1998年のフランスW杯に出場し、2000年シドニー五輪、2000年アジアカップ(得点王)、2010年ワールドカップにも出場。 19歳で1998年ワールドカップに出場したイ・ドングッをはじめ、2002年ワールドカップで活躍したソン・ジョングッやソル・ギヒョンがいたし、キム・ウンジュン(元仙台)、パク・トンヒョク(元柏レイソル)、ソ・グァンス(元岐阜)など、その後、Jリーグにやって来る選手もいた。

会場を日の丸で染める様子を想像すると、なんだかかっこいい気がしますね! Eテレの将棋フォーカスの司会でもおなじみ。話を聞いて見ると、同じホテルに宿泊していた日韓の若手選手たちは大会期間中に顔を合わせることで仲良くなり、2人は別れの挨拶をしにイ・ドングッの部屋を訪ねたという。気が付くと時計は午前0時を回り、韓国選手がホテルを出発する時間が迫ってきていた。

前のユニフォームもダサいと物議を醸していましたが今回の迷彩柄は前回以上に騒がれているみたいです。 いずれにしても、空柄とは見えず、普通に迷彩柄といって差し支えないデザインですよね。 ただ迷彩柄とはいってもよくイメージする角の丸いような模様が組み合わさったものではなく、どこか幾何学的で都市迷彩・デジタル迷彩と呼ばれるものに近い。韓国も同様だった。

その他の興味深い詳細サッカー ユニフォームは、当社のウェブサイト上で見つけることができます。