サッカー ユニフォーム 日本

最初はイ・ドングッ、キム・ウンジュン、チョン・ヨンフン、パク・ドンヒョクといった韓国選手と、播戸、小笠原の日本人選手の交流だった。小野、本山、金子聖司、稲本、高原、酒井といった面々たちが、盛り上げ役に徹するチョン・ヨンフンと中田浩二に連れられて、交流会に加わったのである。何らかの企画で日韓サポーター同士の対談や、市民レベルでの交流会をセッティングした経験から感じる「どうせ形だけの交流なのだろう」と疑ったりもした。

首から袖にかけての赤いパイピングは逆さ富士をイメージしており、W杯への思いが強いデザインとなっています。 「小野とはU-16のときも試合をしたことがあったからお互いよく覚えてたし、背番号も同じでキャプテン同士だったから、親近感が沸いた。 ここ最近の人気スパイクといえば、左右非対称なアシンメトリーなデザインのトータル90や、日本では柿谷曜一朗などが着用するハイパーヴェノム ファントムというシリーズでしょうか。 あの激しい試合の陰で、日韓イレブンが急接近していたとは、思いもよらないことだった。

日本の選手が韓国の選手の部屋を訪ねて、ひとときを過ごした。 そこに入れ替わり立ち代わり韓国選手が出入りしているうちに、「日本選手をもっと招待しよう」とイ・ドングッが言い出した。試合中は私も生放送ですし興奮していたことも相まって、1行違う選手の数字を見てしまっていました。 さらには世界中から多くの批判の声が上がり、英国メディアの「テレグラフ」のユニフォーム格付けでは最低ランクとなる★1つを付けられてしまったのです。自ら韓国選手の部屋に出向いた播戸はこう振り返った。

イ・ドングッからその話を聞いたとき、正直、耳を疑った。本山とキム・ウンジュンは交換したユニホームに袖を通し、写真を撮った。 この提案に全員が賛成し、皆で日本選手を迎えに行くことになったのだが、午前12時過ぎの招待。日本と韓国の選手たちは、建前上の交流のためでもなければ誰かに強要されたわけでもなかった。 こうした交流を重ねながら、決勝戦を戦った日本と韓国。僕の座席のすぐ後ろに韓国の選手がいた。 バンコクの空港で顔見知りになった播戸と韓国の選手たちは、チェンマイのホテルでも挨拶を交わす仲となり、気がつくと日韓両国の選手が会釈程度の挨拶を交わすようになっていた。

「大会前にバンコクで日韓の選手がニアミスしたんです。気が付くと時計は午前0時を回り、韓国選手がホテルを出発する時間が迫ってきていた。両国の事情を話し合い、 ときには笑い転げながら日韓サッカー比較談義に花を咲かせた。両国のコーチングスタッフも寝静まった深夜、イ・ドングッとキム・ウンジュンの部屋に日韓イレブンが集っていたのだ。 グループリーグで対決した夜には、韓国チームのキャプテンだったキム・ゴンヒョンが小野伸二を呼び止め、お互いの健闘を称え合ったあと、決勝でも日韓対決しようと誓い合ったという。

その他の興味深い詳細パリ サンジェルマン ユニフォームは、当社のウェブサイト上で見つけることができます。